勉強法

【中学英語】英単語帳なんていらない!教科書を使った英単語の覚え方

まずはじめに

今回は英単語の覚え方について紹介していきます。

中学生になると誰もが一度は苦労する英単語...。

英単語を覚えることが嫌で勉強が嫌いになってしまった子もいるのではないでしょうか。

 

今回は、

 

・普段の英語の授業についていけない中学1、2年生

・公立高校志望の中学3年生

 

を対象として内容となっています。

※ハイレベルな私立高校を志望している子には今回の内容だと不十分なので、英単語帳を使った英単語の覚え方は別の機会に紹介します。

 

簡単に自己紹介!

英単語の覚え方教えます!なんて言っておきながら...。

実は中学生1、2年生のころ全く勉強をしていませんでした。

中1の頃は特にひどく、覚えている英単語は”ゼロ”と言っても過言ではないくらい勉強してませんでした。

というより「部活も勉強も両立できてるヤツらマジですげーー。」とただ尊敬するだけの部活人間でした。

 

定期テストはいつも5教科で合計200程度。内申点はほぼ「2」。

結構やばい中学生でした。

そんな僕ですが、今回紹介する英単語の覚え方で中3の時に単語テストで満点を取ったのをきっかけに自信がつき、優等生の仲間入りを果たすわけです。

公立高校入試では最終的に5教科全て90点以上でした。中3の途中まで、誰もがバカにする生徒だったのにですよ?

(内申点が悪すぎて行きたい高校行けなかったΣ(`Θ´)=3 ムキー)

 

僕に出来たのですから皆さんも絶対にできるはず!

そんな英単語の覚え方を紹介していきます♪♪

 

僕についてもう少し詳しく知りたい方は↓の記事にまとめてあるのでご覧ください。

 

プロフィール
【自己紹介】はじめまして、無料家庭教師のっしです!

  はじめまして、のっしです。   東京の中野区を中心にボランティアで家庭教師をしています。 家庭教師と聞くと学生時代はさぞかし優秀な生徒だったんだろうと思われるかもしれません。 ...

続きを見る

 

 

中学の英単語学習は教科書で十分?

本屋さんにいくと中学生向けにいろんな単語帳が販売されています。

例えばターゲット中学版だったり、

システム英単語中学版だったり。

たくさんありすぎて、本屋さんでどれがいいか悩んじゃう方も多いのではないでしょうか。

 

まず、僕の考え方として「単語帳はどれを使っても得られる効果はほぼ一緒。」ということです。

大事なことは”どの単語帳を使うのか”ではなく、”どうやって単語帳を使うのか”だと考えてます。

 

公立高校の入試で出てくる英単語は教科書に載っているものばかりです。

教科書に載っていない英単語には日本語訳が注釈に記載されているはずなので安心してください。

なので、せっかく学校で使っている教科書があるので、わざわざ単語帳なんて購入しなくてもいいんじゃない?って思う訳です。

 

教科書を使った英単語の覚え方

それでは早速、実際に僕がやっていた英単語の覚え方を紹介していきます。

教科書って下の画像のように新出単語が教科書の左端や右端に載っていますよね。

簡単に言うと、あれをただ覚えていくだけです。

 

ステップ① 英単語の日本語訳を覚えていく

まずは教科書を見ながら英単語の意味を言えるようにしていきます。

この時、教科書に何を(日本語訳など)書き込んでもOKです。

全てスラスラと訳せる状態になるまで繰り返してください。

そしたらステップ①は完了です!

 

ステップ② ノートに英単語を書き出す

ステップ①で英単語をスラスラと訳せる状態になっているような気がしますが、実はそんなことはありません。

案外、順番や場所で覚えてしまっているということは少なくないのです。

なので、下の画像のように教科書に載っている英単語をランダムに順番を変えてノートでも何でもいいので書き出していきましょう。

 

ステップ③ ノートに書き出した英単語を訳せるか確かめていく

ノートに書き出した英単語をすぐに訳せるかどうか確認していきます。

この時にスラスラと訳せる英単語はもう完璧に覚えられています。

ちょっと考えてしまったり訳せない英単語はステップ②と同様にノートの別のスペースに書き出していきます。

※スラスラと訳せる英単語まで再度、別のスペースに書き出していく必要はありません。

 

ステップ①〜ステップ③の行程で英単語の意味は完璧に覚えられるはずです。

 

ステップ④ スペルはとにかく書き殴って体に覚えさせる(笑)

スペルに関してはもうこれしかないです。

ただ、ステップ①〜③で英単語と日本語訳は結びついているはずなので、闇雲にスペルを覚えるより圧倒的に楽になっているはずです。

ノートの使い方としてはステップ②と同様で、まず英単語の意味をランダムに書き出していって、スペルを書けるか確かめていくって感じです!

そしてステップ③と同様にスペルを覚えきれていない単語はノートの別のスペースに書き出して、繰り返しでスペルを覚えていきます。

 

以上が僕が中学生の頃にやっていた英単語の覚え方です。

これで驚くほど簡単に英単語を覚えることができるはずです。

 

一日にどれくらいの英単語を覚えればいいの?

じゃあ、どれくらい頻度でどれくらいの量を覚えればいいの?ってことですが、その答えは学年によって異なります。

 

中学の必修単語数は1200と言われています。

単純計算をすると一日に10単語ずつ覚えても120日で全ての英単語を上記のやり方で完了させることができます。

 

でも一周で全ての英単語を覚えることは恐らく不可能でしょう、忘れてしまいますから...。

何度も繰り返し復習することによって入試問題で戦える単語力が身に付いていきます。

 

なので繰り返し復習する期間も入れて逆算をしてどれくらいの頻度でどれくらいの量を覚えればいいのか決めてください。

 

それができる子は塾に通わなくても定期試験や高校入試で実力を発揮できるはずです。

それができない子は、塾に通って信頼できる先生に頼ってみてください。

勉強を自己管理できるかどうかが塾に通う必要があるかどうかの見極めポイントです。

 

 

読んでいただきありがとうございましたヾ(≧∇≦*)/

-勉強法