勉強法

中3からでも間に合う!高校受験に向けた英語の勉強法【基礎編】

最初に

こちらの記事は、

 

「今まで勉強なんてしてこなかったけど高校受験に向けて頑張ってみよう」

「中学3年生になったけど英文法なんてサッパリだ」

「なんなら定期テストで赤点取ったこともあるけど中3からでも間に合うの?」

 

なんて思っている受験生に向けた超基本編の内容となっています。

たとえこれまで勉強をやってこなかったとしても諦める必要なんてありません!

 

まずは自己紹介

僕は長いこと高校受験業界に携わっているのですが、実は中学生1、2年生のころ全く勉強をしていませんでした。

とにかく部活の毎日で、帰ってきたらヘトヘトでとてもじゃないけど勉強なんて無理!

そう思って毎日を過ごすどこにでもいる中学生でした。

定期テストでは5教科で合計200程度で英語は赤点なんてことも。

 

中3になって、ようやく勉強に向き合うわけですが、何をすればいいか分からないまま、自分なりに一生懸命取り組み何とか偏差値60台中盤の高校に滑り込むができました(中1、2年時の勉強不足で内申点壊滅状態というハンデを背負いながらも...)。

 

とにかく何の勉強をしたらいいか分からなかったので色んな失敗談がありますがそれは別の機会に。

自分なりに取り組んでみて「これが正解かも」と思えたことを包み隠さずお伝えできればと思います。

僕についての詳細もまとめていますので是非ご覧ください。

 

プロフィール
【自己紹介】はじめまして、無料家庭教師のっしです!

  はじめまして、のっしです。   東京の中野区を中心にボランティアで家庭教師をしています。 家庭教師と聞くと学生時代はさぞかし優秀な生徒だったんだろうと思われるかもしれません。 ...

続きを見る

 

 

基礎固めはめちゃくちゃ大事!

まず、受けようと思っている高校の入試問題を見てください。

どう感じましたか?

多分、この記事を読んでいただいている方にとってはめちゃくちゃ難しいと感じるはずです。

でも焦らないでください。

ここで一番やってはいけないことは背伸びをしてハイレベルな塾に通ったりハイレベルな問題集を買うことです。

あと学校の授業に合わせた補習型の塾に通うこともおすすめしません。

 

やるべきことは、中1、2年の本当に基本的なところを身につけることです。

 

ハイレベルな塾では基本的なところはできている前提で授業が進むので苦しいですよね。

ハイレベルな問題集もいずれ使うかもしれませんが、この段階ではまだ解けないので役に立たないです。

補習塾では学校のカリキュラムに沿って勉強するので、中1、2の内容が理解できていなくても中3の内容を補習します。なので補習塾は一見良さそうなんですが実は結構大変なのです。

 

例えば、『be動詞』を理解できない中学生が『受け身』の文章を理解できますか?

中3で『現在完了』を習いますが動詞の過去分詞を覚えていなければテストで得点することは難しいでしょう。

学習には取り組んでいくべき順番があります。

 

なので、これまであまり勉強をやってこなかった子ほど中1の基本的なところから順序立てて勉強していくことが必要です。

 

具体的な基礎固めの取り組み方

高校入試で出題されるような読解問題を解くためには英単語と英文法をしっかりと身につけることが重要です。

英単語と英文法の学習の仕方についてまとめていきます。

英単語

中学生向けにいろんな単語帳が販売されています。

『ターゲット中学版』や『システム英単語中学版』などなどです。

たくさんありすぎて、どれがいいのか悩んじゃいますよね。

 

「単語帳はどれを使っても得られる効果はほぼ一緒。」というのが僕の意見です。

なので、僕のおすすめは学校で使っている教科書です。教科書で十分です。

 

大事なことは”どの単語帳を使うのか”ではなく、”どうやって単語帳を使うのか”です。

”どうやって”なんて偉そうなことを書きましたが基本は繰り返しです。

僕が中学生の頃にやっていた教科書を使った英単語の覚え方を説明します。

教科書って新出単語が教科書の左端や右端に載っていますよね。

簡単に言うと、あれをただ覚えていくだけです。

英単語の覚え方については以下の記事にまとめてます!

 

関連記事
【中学英語】英単語帳なんていらない!教科書を使った英単語の覚え方

まずはじめに 今回は英単語の覚え方について紹介していきます。 中学生になると誰もが一度は苦労する英単語...。 英単語を覚えることが嫌で勉強が嫌いになってしまった子もいるのではないでしょうか。 &nb ...

続きを見る

 

 

英文法

今回は基礎固めを目的としている方にまずおすすめするのは、「ひとつひとつわかりやすく。」シリーズです。

中1から各学年ごとに一冊ずつ参考書が出版されています。

こちらの参考書の良いところは大きく二つあります。

 

ポイント

分かりやすい!

薄い!

 

まず、一つ目の分かりやすいという点ですが、図などをたくさん用いながら書かれているのでイメージしやすく、英語のことがサッパリという方でも取っ付きやすい内容となっています。

さらに左側のページを見て英文法のルールを学んだ後、右側の演習問題ですぐに理解できているか確認できるので参考書学習をしたことがない方でも使いやすいデザインになっています。

 

実は二つ目の薄いというのはすごく重要なポイントです。

よくある話としては勉強のやる気がある時に分厚い参考書などを買ったものの途中で挫折してしまうということがあります。

三日坊主といった言葉を皆さんもよく聞いたことがあるのではないでしょうか。

やる気がある時はいいけど、やる気が切れてきた頃にそういった分厚い参考書を見るとさらにやる気がなくなります。

しかし、この「ひとつひとつわかりやすく。」シリーズは三日坊主になる前に一冊を終わらせることができます。

テキストの厚さが薄いのでやる気がある時に全速力で一気に進めてしまえば、あっという間に終わります。

部活などが忙しくても着実に参考書を消化できている実感を味わいながら取り組めるので本当におすすめです。

 

最後に、この「ひとつひとつわかりやすく。」シリーズのデメリットをひとつ紹介します。

これは②の薄さゆえのデメリットですが、

これ一冊では中学の英文法を完璧にすることはできない!

ということです。

高校受験までに覚えなければならない内容でも説明が省かれているケースが多少あります。

なので、この一冊を終わらせたところで他に英文法の勉強はしなくてもいいというわけではないことに注意してください。

しかし、基本的な内容は全て網羅されていますので基礎学力は間違いなく上がるはずです。

「全く勉強ができない!」という状況から学校の先生が言っている内容を理解できるまでにはなるので英語学習への苦痛はなくなるはずです!

 

「ひとつひとつわかりやすく。」シリーズを中1から中3までの内容を学習し終えたら、あとはどんな参考書でも構いません。

自分の好みの文法の問題集を探して、「ひとつひとつわかりやすく。」では出てこなかった細かな知識を覚えていってください。

 

そうすればあなたの英語の成績は大きく上がるはずです!

 

まとめ

もちろん、今回紹介した内容だけでは実力試験で高得点を取ることは難しいと思います。

何事にも順番があります。

いつも赤点ばっかり生徒がすぐに学年トップになるのは現実的に考えて無理です。

まずはその事実を受け入れましょう。

しかし、今回の内容をしっかり取り組めていれば、他の参考書でも理解できるレベルになっているはずです。

あとは色んな問題を解きながら学力を伸ばしていけるので安心してください!

 

これであなたも学年トップになることができるはずです!

-勉強法