勉強法

【中学生向け】定期テストで高得点を取る英語の勉強法を紹介

【中学生向け】定期テストで高得点を取る英語の勉強法

こんにちは、のっしです。

中学生にとって定期テストってストレスの種ですよね。

定期テスト前は部活動も無くなるし家では勉強しろって言われるし…。

勉強しようにも何をしたらいいか分からなくて結局何もしない毎日。

そして普段しない部屋の掃除をし始めるなんてことは誰にも経験があるのではないでしょうか。

 

そこで今回は定期テストで苦しむ中学生向けに英語の試験の攻略の仕方を解説していきます。

ちなみに僕は主に中学生を対象に勉強を教えています。

 

プロフィール
【自己紹介】はじめまして、無料家庭教師のっしです!

  はじめまして、のっしです。   東京の中野区を中心にボランティアで家庭教師をしています。 家庭教師と聞くと学生時代はさぞかし優秀な生徒だったんだろうと思われるかもしれません。 ...

続きを見る

生徒には今回の勉強法を徹底させていて、全て実施して8割に満たなかった生徒は未だかつていません。

みなさんも必ずできるはずですので、是非最後までお読みください!

 

 

先生は定期テストでここを見ている!?各項目の勉強法

中学校の英語の定期テストでは指定範囲で以下の内容が定着しているかどうかを確認します。

ココがポイント

・英単語

・文法

・本文

 

これら全てをしっかりと復習しておけば80点を下回ることはないと考えてください。

多いと思うかもしれませんが、謎の部屋の掃除やゴロゴロしている時間を使えばあっという間に終わります。

順番に攻略法を紹介していきますね!

 

英単語の勉強法

学校から指定がない限り、覚えるのはテスト範囲の教科書に載ってる英単語(熟語含む)のみです。

上の画像のように教科書の左右にまとめられている英単語を覚えていきます。

日本語訳もスペルも両方できるようにしていきましょう。

手順としては日本語訳を先に覚えてからスペルという流れで覚えると効率がいいです。

 

詳しくは以下の記事にまとめておいたので是非チェックしてみてください。

 

関連記事
【中学英語】英単語帳なんていらない!教科書を使った英単語の覚え方

まずはじめに 今回は英単語の覚え方について紹介していきます。 中学生になると誰もが一度は苦労する英単語...。 英単語を覚えることが嫌で勉強が嫌いになってしまった子もいるのではないでしょうか。 &nb ...

続きを見る

 

単語を覚える際に意識してほしいことは、「考え込まず即答できる」です。

しばらく考えて日本語訳を言えたり、スペルが書けるのは暗記がまだ足りない証拠です。

その状態だとテストで得点することは難しいので何度も繰り返して反射的に答えられるようにしてください。

反射的に答えられるようになれば英単語のテスト勉強は終了です!

 

文法の勉強法

教科書の文法解説は不親切です。

学校の先生が授業で説明することを前提に作られている感じがします。

テスト直前期に教科書を見たところで何を覚えればいいのかほとんど分かりません。

なので文法に関しては市販の参考書を活用しましょう。

 

オススメは「中間・期末の攻略本」です。

 

中間・期末の攻略本 英語 1年 東京書籍版(Amazonのページへ)

 

また別に紹介しますが、この参考書は英語だけでなく全ての教科で優秀です。

教科書の出版社ごとに販売されていることがオススメするポイントです。

 

この参考書にまとめられている問題をスラスラ解けるようになっていれば文法は問題ありません。

何度も繰り返し解いてテスト範囲の問題は全て解けるようにしましょう!

ちなみに英単語も載っているので、これ一冊で定期テストの対策はかなりできます。

 

本文の勉強法

本文は教科書を使って書かれている内容をしっかりと理解していきます。

塾とかだと英単語や文法に意識が行きがちですが、本文理解もめちゃくちゃ大事なテスト勉強です。

 

結論から言ってしまうと教科書の文章は全て暗記した方がいいです。

先生によっては覚えていないと解けないような穴埋め問題を出してきたりします。

 

でも全部の文章を暗記するのって大変そうですよね。

大丈夫です。

暗記しようとしなくてもいいんです。

これから説明する手順で勉強をしていけば、完璧とは行かないまでも文章は頭に入っているはずです。

 

ステップ① 文章の和訳

まずはじめに、一文一文自力で訳せるか確認していきます。

僕は教科書の行間に直接訳を書き込んでいました。

ノートに本文を書いて行間に訳を書いていくというやり方でもOKです。

訳に困ったら学校の先生や塾の先生などに遠慮せず尋ねましょう。

大事なことは正しい日本語訳を手に入れること!(裏技は教科書ガイド)

 

ステップ② 英単語や熟語の確認

その次は、新出英単語が文中でどのように使われているか確認していきます。

動詞だったら過去形、過去分詞形と異なった形で使われている場合があるのでしっかり把握しましょう。

単語単体で意味が言えても文章の中に出てくると混乱してしまうということはよくあります。

 

ステップ③ 代名詞の確認

次に代名詞が何を指しているのかチェックしていきます。

「このitが示しているのは何か?」っていう問題見たことありませんか?

そういった問題は頻出なので代名詞は必ず確認しましょう。

 

ステップ④ 音読5回

ここまで出来たら音読をしましょう。

ここでも覚えようと意識しすぎないこと。

和訳を思い浮かべながら英文を音読していってください。

その際に上記で行ってきた英単語や代名詞の確認も同時に行ってください。

5回くらい音読すれば定期テストで得点するのに不自由ないくらいに英文は暗記できているはずです。

 

 

まとめと注意すべきこと

こうしてまとめてみるとやらなければいけないことが多く見えるかもしれません。

ところが、実際に手を動かし始めるとそんなに大した作業ではないと分かるはずです。

何をすればいいのか悩むよりまずは実践してみてください!

効果は必ずあるはです。

ここまで英語の定期試験で高得点を取る方法について説明しました。

しかし、このやり方では上手くいかない生徒も存在します。

どういう生徒かというと、英語の基礎文法でつまずいている生徒です。

例えばbe動詞が分からないとか、疑問文の作り方が分からないとか、そういった生徒です。

こういった生徒はまず英語の基礎学力をあげる必要があります。

基礎学力を上げるのは時間がかかりますが、以下にまとめたやり方であればできるはずです。

 

関連記事
中3からでも間に合う!高校受験に向けた英語の勉強法【基礎編】

最初に こちらの記事は、   「今まで勉強なんてしてこなかったけど高校受験に向けて頑張ってみよう」 「中学3年生になったけど英文法なんてサッパリだ」 「なんなら定期テストで赤点取ったこともあ ...

続きを見る

 

中3向けに書いた内容ですが中1、中2にも活用できます。

英語は中1からの積み上げの科目なので一度つまずくと後々大変なことになります。

なので、中1、中2は今習っている内容をきちんと理解することを徹底してください。

そして中3で英語力に不安を感じるようなら恥ずかしがらず中1の内容からやり直してみてください。

そうすれば、英語の学力は飛躍的に伸びるはずです。

頑張ってくださいρ(′▽`o)ノ゙

-勉強法