教育

【意味なし!?】個別指導塾って基本コースだとコスパ最悪って知ってた?

こんにちは、のっしです。

かつて学習塾で教室長をしていました。

プロフィール
【自己紹介】はじめまして、『教育者のっしの快適ブログ』ののっしです!

のっしはじめまして、のっしです。 サラリーマンをしながら家庭教師をして細々生活しています。 プロフィールをご覧いただきありがとうございます。一応簡単に自己紹介させていただきます。   名前: ...

続きを見る

個別指導塾は基本コースだと生徒2名に対し先生1名が指導する形式なのが一般的です。

 

今回の記事は、

個別指導塾って追加費用でマンツーマンにした方がいいの?
シロクマさん

とお悩みの方向けの内容となっております。

 

個別指導塾の概要

一般的に学習塾は集団指導のタイプと個別指導のタイプの二つに区別されます。

それぞれのタイプに特徴があってメリットとデメリットがあります。

 

関連記事
【中学生】元教室長が個別指導塾のメリット・デメリットを解説します

こんにちは、のっしです。 かつて大手学習塾でスクールマネージャーをしていました。 俗にう集団塾、個別指導塾のいずれも指導者としての経歴があります。 お子様をどちらのスタイルの塾に通わさせるか悩んでいる ...

続きを見る

 

関連記事
【中学生】元教室長が集団塾のメリット・デメリットを解説します

こんにちは、のっしです。 かつて大手学習塾でスクールマネージャーをしていました。 集団タイプの塾、個別指導タイプの塾のどちらも指導者としての経歴があります。 お子様を個別指導塾に通わさせるか集団塾に通 ...

続きを見る

 

集団タイプと比較して個別指導タイプを選ぶ方にとって、

 

・生徒のペースで勉強することができる

・分からないことをその場で質問しやすい

 

この2点が決め手になるのではないでしょうか。

 

 

基本コースだと指導時間は半分に...

だいたいの個別指導塾は基本料金を”1人の先生に対し生徒2名”の内容で設定しています。

 

2人と同時に会話することはできないので当然、一度に解説できる生徒は2名のうち、どちらか1名です。

 

解説されていない方の生徒はテキストの問題を解いています。

 

つまり先生がフォローしてくれるのは授業の半分で、もう半分は他の生徒に夢中になっているということです。

 

ちなみに授業時間は塾によって異なりますが60〜90分で設定されることが多いです。

仮に90分の授業時間だとすると、一人の生徒に費やせる時間は半分の45分になるということです。

 

いかがでしょうか?

こうやって聞くと、こう思うのではないでしょうか?

 

せっかく集団塾より高い月謝を払っているんだからもうちょっと手厚くしてもらいたい!
シロクマさん

 

確かにそうですよね。

高い月謝を払っているのに面倒を見てもらえる時間が半分になってしまうというのは...。

 

 

問題を解いている時間こそが重要

 

のっし

授業時間中ずっと解説が必要なわけじゃないから別に良くね?

解説の時間以外は問題を解くだけだから先生は不要。

 

って思う方もいるかもしれませんが、そんなことないんです。

実の問題は解説の時間が半分になることではないのです。

 

そもそも個別指導塾に通う生徒は一部の例外を除いて、基本的に学力に多かれ少なかれ不安がある子たちです。

 

周りにペースについていくことが難しくなり、寄り添った指導を求めてきているわけですから。

 

学力に不安のある生徒は、単純に『理解できていない』わけではありません

 

・問題文の読み方

・解答の書き方

・時間の使い方

 

などなど様々な面で課題を抱えています。

 

例えば、「あれはなんですか?」という疑問文を英訳しなさいという問題があったとします。

 

それを即答で、

『What is that.』

 

と書いて間違えてしまった生徒としばらく考え込んで、

 

『What is that?』

 

と正解した生徒。

 

どちらが危ない可能性があると思いますか?

 

最後にクエスチョンマークをつけ忘れて間違えてしまった生徒のような気がしますが、このミスは後からいくらでも修正できます。

 

一方、考え込んで正解した生徒はそもそも疑問文の作り方自体を理解していない可能性があります。

その場合、こちらの生徒の補習はかなり時間がかかります。

 

なので、解説だけでなく問題を解いているところも見てもらった方が絶対に良いです。

そうしないとその子の弱点を解答だけで判断されることになってしまいます。

 

ポイント

問題を解いているところも先生に見てもらった方がいい!

 

 

マンツーマンの方がコスパがいい!

何名の生徒に対し1名の先生が付くとか授業時間がどれくれいかといった基本プランはそれぞの塾によって異なります。

 

塾選びの際は全て同じ条件にして比較することをお勧めします

 

今回は学年を中3、授業時間を60分として考えてみます。

 

週に1回通った場合でいくつか塾の相場を調べたところ以下の用になりました。

 

講師:生徒 料金 実質指導時間
1:1 16,000円 60分
1:2 11,000円 30分

 

さらに、実質の指導時間を60分に揃えると、

 

講師:生徒 料金
1:1 16,000円
1:2 22,000円

 

こうして条件を揃えると一見高く感じるマンツーマンの方がお得だと気付くはずです。

 

そして単純にお得ということだけではなく、問題を解いている時間もしっかり見てあげられるという手厚いサポートを受けられます。

 

オプションでマンツーマンにした方が圧倒的にコスパがいいですね!

 

 

月謝をケチらない方が絶対にいい!

教室長の時はとても言えなかったことですが、「月謝はケチらない方がいい」です。

 

1(講師):2(生徒)の指導に比べて1:1の方が不当に月謝がはね上がるなら話は別です。

 

しかしその実態は単純比較でも約1.5倍といったところです。

 

もしある程度の学力があって自分で勉強する習慣がついているようであれば、1:2でも問題ないです。

 

そうではなく学力に不安があり基礎から復習する必要があるといった場合は絶対に1:1での授業をお勧めします。

 

効果を期待して高い月謝を払って個別指導塾に通うわけですから、コスパの悪いコースは控えたいですよね。

 

でも基本コースで通われている方、結構多いです。

 

そして思うように成績が伸びず、夏期講習とか冬季講習で高いお金を払ってコマをめちゃくちゃ取ることになるというオチです。

 

これこそもったいないことの極みだと僕はしみじみと思うのでした(-_-;ウーン

-教育