妻が娘には音楽を習わせたいという心があったみたい

妻が娘には音楽を習わせたいという心があったみたいで、ヤマハの音楽教室に3年代から習っていました。
小学生入学を機にそれぞれ講義に変更してピアノといったエレクトーンを習うことになり、中学校入学まで習っていました。
ピアノを習っていたお陰で、小学生や中学での音楽出版会では、ピアノの伴奏ヒューマンとして配役されることもありました。
郵便だけを見れば、バリバリに練習していたように思うかもしれませんが、最初に言ったように妻が習わせたいとして、習わせていたので、私の感覚はまるっきりありません(笑)
ですので、養成なんてする時もあればしない時もあり、養成するっていっても講義の前日にちょこっとするぐらいでした。
も、ピアノを習っていてよかったこともあります。
下手くそにはならなかったし、どの呂律の鍵盤を弾いているのかほとんど当てることもできます。
それに、ピアノの講義を辞めてもいよいよ小さい頃から習ってきていたので、今でも楽器屋さんに行くと、ピアノを弾きたくなります。
ついつい夢中で弾いちゃうこともあるぐらいなので、必ずピアノを弾くことはおもしろいなと実感します。
ピアノを習って無理だったことはないし、後押しなことが多いです。
大人の好みとして、やり始めるのも素敵だな?って思います。不動産査定は簡単にできる

妻が娘には音楽を習わせたいという心があったみたい